「堅苦しくない」という点が家族葬をオススメできると思います。

今後話題のビジネス総集め

堅苦しくない葬儀

堅苦しくない葬儀

家族葬を行う前は、そもそも家族しかいないので堅苦しい挨拶などは全く無く、和気藹々と世間話をしながら葬儀会社の用意してくれた各種用具一式を前にして、皆でくつろいでおりました。
葬儀中も、来てくれたお坊さんに対しては多少礼儀をもって接しておりましたがお坊さんが帰ってしまうと、その日1日から1日明けて火葬場にいくまでの間は、棺桶の前で皆で雑魚寝をしながら一応遺体の見守りを行うという、とても緩い内容の葬儀でした。

やはり、とにかく「堅苦しくない」という点が家族葬をオススメできると思います。
下手に来賓がたくさん来てしまうと、喪主はそれぞれの「お客様」に対して一人一人やれ挨拶だお礼だと、走り回って行わなければなりません。
それが無いだけで喪主としては非常に気が楽です。
葬儀の最中の会話も、それこそ全員親族なので単なる世間話になり緩いです。

オススメできない点なのかどうかはわかりませんが、自分が喪主では無い場合や故人がある程度の地位で、尚且つ家族葬か否かという遺言がなかった場合、喪主としては満足だったのかな?天に召された本人はこれで満足だったのかな?と感じるところでしょうか。