ビジネス | 今後話題のビジネス総集め

今後話題のビジネス総集め

新会社設立お役立ち!~会計事務所の選び方
新会社設立お役立ち!~会計事務所の選び方

税理士補助の私がおすすめする会社設立にも使える会計事務所について紹介いたします。

会計事務所と締結前に確認をすすめる点はありますか?

訪問回数の確認と訪問タイミングの決め方や連絡の取り方は確認した方が良いです。繁忙期になると放置する事務所があります。
月また、次報告や決算報告、相談したいことがあるときに税理士先生と直接会えるのかも確認した方が良いです。
基本的にやり取りするのは担当者のみで、税理士先生とは契約後なかなか会えないという事務所も多いです。
あとはマイナンバーの取り扱い方についても確認した方が良いです。何に使用するのか通知書などがあると良いと思います。
会社設立から会計事務所とかかわることが多いかと思いますが、上記の点は確認したほうがよいです。
>>新会社設立お役立…の詳細

会社設立をして自分のしたい仕事ができるようになった
会社設立をして自分のしたい仕事ができるように...

自己実現のためです。
私は中小企業の経営支援をしたいと考えておりました。
前職は金融機関で働いておりましたが、なかなか日々の業務に追われ、自分のやりたかったことから遠のいている気がしました。
日々の業務の中で中小企業の経営者とお話をさせてもらい、どんな課題があるか、どんなことで悩んでいるかが見えてきました。
そんな中小企業の経営者の良きパートナーとなりたい気持ちが強くなり、サラリーマンでは仕事内容が会社に左右されるため、自分で会社設立しようと考えました。

株式会社が一般的な認知度が高く、特にこだわりもなかったことから、LLCではなく、株式会社を設立しました。
会社設立の手続きは代行会社に頼み、32万円ほどの費用が掛かりました。

>>会社設立をして自…の詳細

リース契約の仕組み
リース契約の仕組み

リース契約は企業が直接機械を購入するのではなく、企業が選んだコピー機や複合機などをリース会社が購入し所有権を持ち、それを企業に貸し出す仕組みの事を言います。
レンタルと混同しやすいのですがレンタルは繰り返し貸す為中古が多く、型なども自由に選ぶ事はできません。
しかしリース契約であれば最新型のコピー機や複合機を新品の状態で借りる事ができるのです。

更にリース契約は搬入の際の初期費用などがかからず、毎月の料金もレンタルに比べて割安になっており設備投資にかけるお金の節約にも繋がります。
ただ一般的に審査不要のレンタルと異なり契約をする際にリース会社の審査を受けなければならず、審査に通らなければ当然契約を結ぶ事はできないので注意が必要です。
期間に関しても、レンタルは期間を自由に選べて短期契約も可能ですが、リースの場合3~6年の長期契約のみとなり中途解約が基本的にできない事が難点と言えます。
どうしても解約したい場合は残りの契約期間の料金を全額支払い契約を終わらせる方法しかありません。