コピー機や複合機などをリース会社が購入し所有権を持ち

今後話題のビジネス総集め

リース契約の仕組み

リース契約の仕組み

リース契約は企業が直接機械を購入するのではなく、企業が選んだコピー機や複合機などをリース会社が購入し所有権を持ち、それを企業に貸し出す仕組みの事を言います。
レンタルと混同しやすいのですがレンタルは繰り返し貸す為中古が多く、型なども自由に選ぶ事はできません。
しかしリース契約であれば最新型のコピー機や複合機を新品の状態で借りる事ができるのです。

更にリース契約は搬入の際の初期費用などがかからず、毎月の料金もレンタルに比べて割安になっており設備投資にかけるお金の節約にも繋がります。
ただ一般的に審査不要のレンタルと異なり契約をする際にリース会社の審査を受けなければならず、審査に通らなければ当然契約を結ぶ事はできないので注意が必要です。
期間に関しても、レンタルは期間を自由に選べて短期契約も可能ですが、リースの場合3~6年の長期契約のみとなり中途解約が基本的にできない事が難点と言えます。
どうしても解約したい場合は残りの契約期間の料金を全額支払い契約を終わらせる方法しかありません。